AIがスキンケア業界を新しく

世界中で美意識の高い方々は年々多くなり、若々しい肌を維持するアンチエイジングは常に人気があります。毎年、小じわを目立たなくしたり、褐色のシミを薄くしたり、肌のハリ、質感、弾力性を向上させる商品にスキンケア業界は何十億ものお金が使われています。市場では利用可能な製品の品質と数の多さと各メーカーのうたい文句でどれを選べば良いのかわからなくなり、フラストレーションをためている人は少なくありません

そんな中、AIが美容の捉え方や消費のあり方を変え、スキンケアの汎用性を高めています。世界中の美容・化粧品ブランドの見た目の改善を目指して、AIからAR(拡張現実)までの最新技術を取り入れ、より “超パーソナライズ “されたオーダーメイドのアプローチで、美容と肌の健康を向上させることに取り組んでいます。

肌の不完全性をスキャンしてARモデルを作成し、パーソナライズされた製品を提案することで、デジタル世代のための効果的なバーチャルコンサルテーションを実現させようとしています。

ハイパーパーソナライゼーションでは、徐々に解読し、スキンケアと年齢を重ねていき、ライフスタイル、環境、遺伝学を念頭に置きながら、オンライン査定とAIベースのコンサルテーションループの助けを借りて、個々の処方をカスタマイズする最新のプロセスは、肌の悩みに適切な未来をマッピングします。

AI、 機械学習、時間をかけた予測分析は、全体的な治癒プロセスを強化しながら、さらに微調整するのに役立ちます。

美容アプリが洞察力に富んだデータを生成することで、化粧品会社に大きな価値をもたらします。企業は、顧客の関心事や企業が何を求めているのかをより明確に把握することができ、大小を問わず、美容ブランドは、アプリを統合した独自のハイテクデバイスを導入し、リアルタイムのアップデートや主要な製品のパフォーマンス指標を提供しています。

AIはこれらのハイパーパーソナルな体験を作り出すだけでなく、肌の健康を徐々に最高の状態にもっていき、最終的にはブランドと消費者が一緒になって、より若返りのアンチエイジング効果につながることでしょう。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *