ブロックチェーンはどのようにに利用されているのか?

ブロックチェーンは、金融だけでなく、あらゆる種類の取引に関するデータを信頼性の高い方法で保管することができます。すでにブロックチェーンを導入している企業には、ウォルマート、ファイザー、AIG、シーメンス、ユニリーバなどの大手企業も活用しています

-食品の追跡
食品業界では、大腸菌、サルモネラ菌、リステリア菌、さらには食品に誤って混入した毒素など、数え切れないほどのアウトブレイクが発生しています。過去には、これらのアウトブレイクの原因や、人々が食べていたものから病気の原因を見つけるのに数週間かかっていました。

ブロックチェーンを使用することで、食品の発生源から、各段階を経て、最終的に配送までの経路を追跡することができます。もし食品が汚染されていることが判明した場合は、その食品が汚染されていないことが判明した時点までの経路を追跡することができます。食品が接触した可能性のあるすべてのものを見ることができるようになるので、問題の特定がより早く行われ、アウトブレイクを早めに止める事ができるようになります。

-銀行と金融
銀行ほどブロックチェーンを業務に統合することで恩恵を受ける業界はないでしょう。金融機関は週5日の営業時間内にしか業務を行っていません。しかし、ブロックチェーンでは不眠不休で営業する事ができます。
ブロックチェーンを銀行に統合することで、消費者は休日や時間帯に関係なく、最短10分で取引が処理されているのを見ることができます。また、ブロックチェーンを利用することで、銀行はより迅速かつ安全に機関間で資金のやり取りを行うことができるようになります。

-通貨ー
ブロックチェーンは、ビットコインなどの暗号通貨の基礎を形成しています。 ユーザーの銀行がハッキングされると、クライアントの個人情報が危険にさらされます。クライアントの銀行が破綻したり、クライアントが不安定な政府のある国に住んでいたりすると、クライアントの通貨の価値が危険にさらされる可能性があります。

ブロックチェーンでは、ビットコインをはじめとする暗号通貨の運用をコンピュータのネットワークに分散させることで、中央機関を必要とせずに運用することがでるので、リスクが軽減されるだけでなく、処理手数料や取引手数料の多くが不要になります。

-ヘルスケア
医療提供者は、ブロックチェーンを利用して患者のカルテを安全に保管することができます。医療記録が生成され、署名されると、それをブロックチェーンに書き込むことができ、患者に記録が改ざんされないという証拠と信頼を与えることができます。これらの個人の医療記録は、秘密鍵を使ってブロックチェーン上に暗号化して保存することができ、特定の個人のみがアクセスできるようにすることで、プライバシーを保証することができます。

-不動産登記
不動産の所有権を記録するプロセスは複雑で非効率的です。物理的な証書は、地元の記録官事務所に届けなければならず、そこで中央データベースと公開インデックスに手動で入力されています。
このプロセスはコストと時間がかかるだけでなく、ヒューマンエラーに悩まされます。

ブロックチェーンで、文書をスキャンし、保存すれば、記録事務所での物理的なファイルを追跡したりする必要性をなくす事ができます。

-スマートコントラクト
スマートコントラクトとは、ブロックチェーンに組み込むことで、契約上の合意を容易にしたり、検証したり、交渉したりすることができるプログラムのことです。スマートコントラクトでは、ユーザーが同意する一連の条件に基づいて動作します。これらの条件が満たされると、契約の条件は自動的に実行されます。

-投票
ブロックチェーンは現代の投票システムを容易にするために使用することができます。ブロックチェーンを使用することで、投票の改ざんはほぼ不可能になります。また、ブロックチェーンプロトコルは、選挙プロセスの透明性を維持し、選挙を実施するために必要な人手を減らし、役人にはほぼ即時に結果を提供することができます。再集計の必要性や、不正行為が選挙を脅かすのではないかという懸念がなくなります。

これらはブロックチェーンの主な使用例の一部に過ぎませんが、他にもたくさんの使用例があります。
今後の新しいユースケースに期待しています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *