COVID-19パンデミック時には、インターネットがさらに重要になります

2016年7月、国連はインターネットへのアクセスを人権として宣言しました。
コロナウイルス流行の間、インターネットおよびデジタル技術へのアクセスが、世界中の多くの人々の命を救うことができることが、さらに明らかになりました。健康関連情報は、ウイルスの拡散を制限することによって命を救うことができ、多くのオンラインサービスは、私たちの移動性が制限されているとき、私たちが通常の生活を送るのを助けることができます。政府、電気通信及びインターネットサービスプロバイダ(ISP)は、人々が国際規格に完全に準拠してインターネットにアクセスできるようにするために、自らができるすべてのことを行わなければなりません。

インターネットやデジタル技術へのアクセスは、私たちのほとんどの人々にとって、私たちの日常生活の不可欠な部分になってきました。技術は、私たちが重要なサービスを仕事、買い物、コミュニケーション、そしてアクセスすることを可能にします。技術は、多くの人権、特に表現や情報の自由に対する権利を行使し、享受するためのますます重要な道具となってきています。

公衆衛生上の緊急事態の際には、インターネットへのアクセスは、私たちの健康だけでなく、私たちの日々の動きが制限されている時代に、私たちの社会的、経済的権利を含む様々な人権を保護するための不可欠なツールとして、さらに重要になります。インターネットへのアクセスの不足は、この間の人々の生活に重大な影響を及ぼします。インターネットは、人々が、パンデミックおよび取られている措置に関する重要な情報を受け取り、共有することを可能にします。それはまた、政府の行動を理解し、精査するのに役立たちます。また、世界の人口の約20%が社会的に離れて生活しているか、検疫条件下で生活していることから、技術は私たちが働き、買い物をし、コミュニケーションをとるのに役立ちます。多くの日常活動は、保健サービスの提供からホームスコーリングを可能にする教育プログラムへと、オンラインで移行してきた。

十分なインフラと接続性がないことは、通常、最も貧しいコミュニティを後に残し、デジタル・ディバイドは、あらゆる側面に対する差別的な影響の強さを示しています。
この文脈において、国家、電気通信事業者及びISPは、人々が機能的な接続性及びインターネットへのアクセスを有することを保証するために様々な措置をとることが不可欠です。

いくつかの政府や企業はすでにこの方向に進んでいます。例えば、米国では、多くのISPが、自宅で働き、勉強する人々の新たなニーズを満たすために、データキャップを放棄しています。ウルグアイでは、ANTEL(国営電気通信会社)が3月24日、4月に12万戸の住宅が無料50Gbの恩恵を受け、自宅から航行し、勤務することを発表した。これは、この作業プログラムを優先順位付けするという政府の指令に従います。エル・サルバドルでは、大統領令がインターネットと電気に関する支払いの停止を3か月間命じたが、この給付を受けるための基準は不明であり、支払いを続けることのできる人々がそうすべきであるという曖昧な命令がありました。コロンビアでは、政府は、電気通信サービスを不可欠なものとして認識し、その提供を支払不足のために停止することはできないと定める法律を発出しました。ペルーの電気通信当局であるOSIPTELも、緊急事態が持続する限り、同様の規定を発行しています。南アフリカの通信規制当局は、コロナウイルス緊急事態の際に、携帯電話事業者や有料テレビ放送事業者にサービスを無料にするよう求めています。国際電気通信連合は、政府及び民間セクターがネットワークの強靭性を維持し、全ての政府及び民間セクターが電気通信サービスへのアクセスを確保することを支援するための新たなプラットフォームの創設を発表しました。

コロナウイルスのパンデミックは、経済的、政治的、社会的、地理的な状況にかかわらず、インターネットやデジタル技術への必須のアクセスがすべてのコミュニティにとってどれほど重要であるかを強調しています。今日、差別なしに提供されるインターネットインフラストラクチャ及びサービスの広範な利用可能性は、強靭で強靭な社会にとって根本的なものであることは、今日まで以上に明らかです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *